togoplz

Excel 3D Maps・GISでスキー・温泉・ホテル等のデータを視覚化

東京近郊の路線図《明治38年》東京市街全図より

明治30年代後半の路線図

1905年(明治38年)の東京の古地図に掲載されていた東京近郊の路線図。

明治 東京 路線図

1889年(明治22年)に新橋~神戸が開通して、1901年(明治34年)には馬関駅(現在の下関駅)まで開通している。1899年(明治32年)には大師電気鉄道(現在の京浜急行電鉄大師線)電気鉄道として開業。東海道本線の電化の完了が1956年(昭和31年)、山陽本線が1964年(昭和39年)というのを考えると、線路を敷くよりも電化には時間が掛かっています。この辺りは技術的なことよりも経済性の問題が大きいのでしょうか?

品川停車場付近

NHK BSプレミアムの英雄たちの選択「汽笛一声!文明開化を決めた資金調達~若き大隈・伊藤の挑戦~」でも触れていましたが、海上を埋め立てて線路を引いた部分は、この時期でもまだ残っている。鉄道工事は「鹿島」が担当したそうです。

第10回 明治期の鉄道工事|鹿島の軌跡|鹿島建設株式会社

f:id:togoplz:20180413165153p:plain

この辺りが歌川芳年の「高輪鉄道之図」などの開化絵に描かれている。

鉄道錦絵 - 物流博物館

港区ゆかりの人物データベースサイト 高輪鉄道

陸側の青い線路は、以下のページによると「東京電車鉄道」という路面電車です。古地図には、各種鐵道市街線入と書いてある割に、路線名・鉄道会社名は記載はありませんでした。

明治39年の東京の路面電車路線図をつくる

第7回 電車の時代 - 東京史楽

ブログランキング・にほんブログ村へ