togoplz

Excel 3D Maps・GISでスキー・温泉・ホテル等のデータを視覚化

《グラフで比較》simフリーおサイフケータイの違い

発売時期・価格比較チャート

現行(2017/12/14調査)、正規のルートで購入可能な5メーカー11機種の発売時期と販売価格を比較してみました。

simフリーおサイフケータイ 価格 比較

こうしてみると、Xperia J1 Compactは古く見えますね。日本の大手メーカーの価格を比べると、SONY>富士通>シャープといった感じになっています。ハイエンドのAndroidスマートフォンには、SIMフリーおサイフケータイはないのも分かります。

ハイエンドを探すには、白ロムか中古ということになりますが、お金を入れるものはなるべく新品で信頼の出来るルートから入手したいです。

SoCのコア数とベンチマークの比較チャート

ベンチマークは、Geekbenchの値ですが国産のスマホのデータがないものは、同じSoCを使っている他のスマートフォンのデータです。

SoC コア数 ベンチマーク 比較

iPhoneのA11が6coreになって性能でも抜けています。富士通とシャープのシムフリー おサイフケータイは大体同じ価格帯ですが、SoCの性能は結構違います。富士通のスマホは、日本製らしいのでSoCの性能低い割りに高いのは、ワンセグ+国産のコストって考えると悲しいですね・・・

同じ性能なら少し高くても国産をとはならないので、シャープの商品に対してこういう位置づけになっているのでしょうか? arrows M04を買うとしたら性能に目を瞑って「日本製」だからという理由くらいしかないですね。

価格/コア数比較チャート

simフリーおサイフケータイ スペック 比較

x軸:コア数、y軸:価格です。

SoC(System-on-a-chip)ごとにマーカーを色分けしています。チップの性能ごとに大体近いところに集まります。最近は、iPhoneの新しい機種に関心が薄れ、Androidには元々ほとんど興味が無かったのですが、いろいろと調べていると新しいのが欲しくなりました。

Apple A11
(6コア)
iPhone X
iPhone 8
iPhone 8 Plus
Apple A10
(4コア)
iPhone 7
iPhone 7 Plus
Snapdragon 625
(2.0GHz/8コア)
NuAns NEO Reloaded
Snapdragon 430
(1.4+1.1GHz/8コア)
AQUOS SH-M04
AQUOS SH-M05
Snapdragon 410
(1.2GHz/4コア)
arrows M03
arrows M04

iPhone7以降

iPhoneの場合、App Storeで個別の電子マネーアプリが認められていないので、suica(JR東日本)・iD(docomo)・QUICPay(JCB)以外の電子マネーをメインで使っている人には、メリットは小さいかも知れません。Apple Payによる囲い込みのようなものですが、利便性は損なっていますよね。
3つの電子マネーと、クレジットカードの情報をiPhoneに入れて使える様にしたということでしょう。

Android

AQUOS SH-M04とSH-M05は、同じSoC(CPU)ですがディスプレイの解像度はSH-M05良くなっているので、AQUOS sense lite SH-M05はお買い得かも知れません。

Xperia J1 Compactは、イオンモバイルで本体のみで購入できるようですが、性能と価格のバランスを考えると割高じゃないでしょうか。

NuAns NEO Reloadedは、トリニティという国内の小さな会社ですが、EMS方式で企画・製造・販売されているスマホです。

おサイフ機能の付いたスマホの普及率ってどれくらいなんでしょうか?
ガラケーにおサイフ機能が付いた頃は、電話機自体もポケットに入りやすかったので、気軽に使えたのですが、スマホが主流になるとどんどん大きくなってしまったので、個人的には利便性が損なわれている気がします。

私にとって携帯では、少々雑に扱っても大丈夫なのを求めていますが、5万円以上するものになると、そういう面で使い勝手が悪くなります。

k-tai.watch.impress.co.jp

www.apple.com


 

ブログランキング・にほんブログ村へ